♪マム殿♪
~フレンチ・ジャスミン Lサイズ物語~
登場兎物

  管理人:ジャスマム(通称マム)                                      



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



最新記事



最新コメント



訪問ありがとう♪

現在の閲覧者数:



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



会員証



ブログパーツ



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎの病気の本
このところ暑さが戻ってきてしまった愛知県。

またしてもエアコンフル稼働で室温22度・・・。さむい・・・。

本日はナノ嬢の爪きりでラブリーラビットさんに里帰りです。行きの車中にて↓。



      ナノ 37



陽射しがまぶしすぎたようで、瞳孔?がすっごい小さくなっちゃってます(汗)。

陽射し除けに何かかけないとと思ったのですが、マムタオルを忘れました・・・。

車内を探すとなぜか息子(人間)のズボンが・・・。

とりあえずそれで我慢していただきました。



今回ナノ嬢の爪きりという目的もあったのですが、もうひとつ大きな目的が。

以前行ったときに店主さんにお薦めされた本が入荷したので、そちらの購入。


      うさぎ本


えっとですね、この本、すごいです!

うさぎの病気について本当に詳しく書いてあります。

本当に沢山の病気の種類について書かれていて、それぞれの病気について

・どんな病気?

・主な症状

・病院ではどんな治療をするの?

・予防のために


が、細かく一般の方にもかなり分かりやすく書かれています。

写真やイラストも結構たくさん載っていて、時としてはちょっと目をそむけたくなるものもありますが、

マム、一通り目を通しただけですが、今まで全然耳にしたことのなかったような病気や、

例えばダニでも色々な種類があったりとか、本当に勉強になります。

特に病院での治療については、どのような処置をするか、どのような薬剤を使うかなどまで

しっかり説明されてます。



また、病院などで血液検査してもらっても、色々な数値を見ても全然ピンとこないことってありません?

ここにはうさぎの生理学的データものってますし、うさぎの薬剤量の一覧もあります。

もちろん、うさぎには使っていけない抗生剤のリストも。

他にも、野菜などの栄養価の一覧、豆知識も豊富に掲載。

うさぎ版「家庭の医学」だと、マムは確信しております。



動物病院で、先生の処置に不安があったり、疑問があったりした場合にも、

しっかりと飼い主が疑問をぶつけられると思います。

今までのうさぎ本の中では、最上級かと!


こちらの本ですが、

      「よくわかるウサギの健康と病気」

        発行元  誠文堂新光社
        著書    大野 瑞絵
        監修    曽我 玲子    定価2200円



これだけの内容で、このお値段、マム的には破格です。

1冊あると、本当に心強いですよ。ぜひ、一家に一冊!

この本の存在を教えてくださった店主さんに感謝しております。




      ジャスミン 51
      「昨日はジャス君一色だったじゃん!」




ナノ嬢の爪きりや、とびっきりの仔ウサギ画像はまた次回で。





               にほんブログ村 うさぎブログへ         banner2 1

                     ↑↑推薦図書クリッ~ク↑↑
スポンサーサイト

テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。